❖ お手玉なげ

❖ お手玉なげ

◇ 用意するもの ・・・        お手玉(又はそれに代わる大きさの少し重みのあるもの)

             バンダナ(又は大きなハンカチや布)

◇ 遊 び の 内 容     ・・・    お手玉を布にあてると、布がお手玉に巻きつき落ちていくのを見て楽しむ

                                   遊びです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

◇ 遊び方の説明 

スモールステップ:1

大人がバンダナをひろげ、子どもの前に立ちます。

子どもはお手玉を片手に持ち、大人が『いいよ』と言うとバンダナ

にむかってお手玉を投げてあてます。

 

子どもの投げたお手玉がバンダナにあたると同時に、大人が持って

いるバンダナを手から放します。

 

布がお手玉に巻きつき床に落ちていく様子を子どもが見て楽しみま

す。

 

(お子さんが『いいよ』の言葉を聞いてから投げられない場合は、

お子さんの動きに合わせて『いいよ』と言って聞かせます。動作

言葉を一致させることで、やがて大人の声かけに合わせて投げられ

るようにしていきます) 

★大人がバンダナを持って立つ位置は子どもがお手玉をバンダナ

あてることができる距離に立ちます。また、バンダナは子どもの

の高さにします。

 

 

 スモールステップ:2

 バンダナを子どもが持ち、大人がお手玉を投げバンダナにあてま

 す。

 

 子どもがバンダナを持ち、大人が投げたお手玉があたると同時に

 手を放せる動きができるように練習をします。(大人がモデルを

 見せます。又は、手をそえてバンダナを手放すタイミングを体に

 感じさせます)

 手の操作が上手になったら補助を減らしていき、やがて補助なし

 で子どもが一人でやってみます。

 ★お手玉を投げようとしている大人を子どもが意識している時に、

 大人がお手玉を投げます。

 

 

      ** ポイント **

  投げたお手玉がバンダナにあたると同時に布がお手玉に巻きつき、

  床に落ちていく遊びは、子どもにとって分かりやすいです。

 

  ** ポイント **

   大人と子どもの息があった時に、布がお手玉に巻き付き落ちてい

   くので、楽しさが増します。(共感できる遊びの1つになりま

   す)

 

  ** ポイント **

     いろいろな物を投げてしまって困る発達段階がありますが、その

   力を遊びの力に導いてあげる「遊び」のひとつになります。

 

      お子さんの様子をみて遊びを進めてください。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です