活動報告

活動報告

令和元年度 日本ダウン症協会群馬支部第2回セミナー

10月19日(土)

参加者:25名

(会員保護者:15名、一般保護者:8名、教職員:2名)

場 所:桐生市総合福祉センター

テーマ  『学校生活卒業後の生活について

               ~障害福祉サービスとグループホームの現状~』

昨年に引き続き第2弾として、社会福祉法人三和会 セルプわたらせ 所長 後閑学氏をお招きしてセミナーを行いました。

保護者のみの参加ではなく、特別支援学校の先生の参加も見られました。

障害福祉サービスを利用するまでの流れの説明や共同生活援助(グループホーム)のこと、

さらに心豊かな人生を送るために、今できること、意識したいことについての話がありました。

そして、最後に社会福祉法人三和会を利用している方々の実際の生活の様子をスライドショーで見て、

質疑応答を行いました。

                                     (小学部男児 母)

令和元年 第1回青年部交流会『レストランで楽しく学ぶテーブルマナー』

9月28日(土)

参加者:9家族20名

場 所:前橋市内のレストラン

青年部交流会は、前橋市内の某レストランにてランチコースでテーブルマナーを兼ねて食事会をしました。

青年部のみではなく、高等部からの参加もありました。

美味しいランチを食べながら、久ぶりに会う方や初めてお会いする方。様々な方と近況報告や情報交換などを行え

て、とても有意義な時間を過ごせました。

(青年部  母)

 

 

 

JDS群馬支部 東京ディズニーランド体験学習

9月7日(土)

参加者:15家族42人

前橋敷島公園で3家族がバスに乗り5時半に出発、桐生市運動公園で12家族が乗車し6時半に出発しました。

東京ディズニーランドには予定より少し早く到着し、現地で乗り物やショーを各々のペースで楽しみました。

家族で行くのとは違って、お友達と乗り物に乗る楽しさも体験できました。

うだるような暑さでしたが、暑い中でも体調を崩す子もおらず事故もなく無事に行ってくることができました。

ありがとうございました。

                                     (中学部女児 母)

 

 

 

令和元年 日本ダウン症協会群馬支部第1回セミナー

8月18日(日)

参加者:27名

(会員保護者:25名、会員外保護者:1名、教職員:1名)

場 所:桐生市総合福祉センター

『成人期に向けて中高生からのかかわり

                      ~本人らしく生き生きとした生活を送るために~』

というテーマで群馬支部相談員 赤石嘉苗氏のセミナーを行いました。

母親の参加のみではなく、父親の参加も多数見られました。

前半では『成人期の生活』について、事例を交えた話しや『ダウン症という

障がいの特性』についての話しなどがありました。

後半では、グループワークを行い、子どもたちの生活する場所での頑張ってい

る事などをグループごとに話し合い、発表を行いました。

そして、最後に『質疑応答』を行いました。

                                     (小学部男児 母)