06月

相談室Q&A

~ Q&Aの目的について

子どもの成長を支える保護者や大人のかかわり方は、日常生活における行動や物事の理解に大きく影響します。

Q&Aの事例を通して、子供の発達や親子関係の構築に役立てて頂けるようお願いします。

子育て教室 相談員

 

 

Q:相談 成人女性

歩行姿勢についての相談。

立っている時は猫背になっています。歩く時は足をずって歩き足の運びが左右で違い、よく見ると体が左右に揺れています。姿勢を直そうと鏡に立ち姿を写して「頭、真っ直ぐかな。肩、真っ直ぐかな。」と声をかけたりしましたが直りません。このような状態が学童の頃からずっと続いています。

歩行姿勢を改善したいのですが方法はありますか。

◆聞き取りによるお子さんの情報

〈 椅子に座っている時の姿勢はどうでしょうか 〉

立っている時ほど気になりませんが、食事の時に前かがみになり猫背になっています。

〈 立っている時の姿勢について幼児期から現在までの様子を教えていただけますか 〉

小学生までは猫背ではありませんでした。中学生頃から猫背だと感じることが増え、高等部や卒業後に猫背が気になるようになりました。

〈 歩く様子についても同様に教えてください 〉

幼児期から靴を地面にすって歩く傾向にあり、靴底がすり減りました。足の運びの左右差と体の左右の揺れは、幼児期から少し気になる事がありました。

〈 足をずって歩き、足の運びが左右で違うということですが、靴を履かない時の歩く様子はどうでしょうか 〉

靴を履かない家の中では、ずって歩いている感じはありません。

〈 学校などでの運動面の様子はわかりますか 〉

スイミングに小学1年生の8月から中学3年まで通い、その後、高等部1年から2年までスポーツクラブに通っていました。縄跳びは保育園でやっていたこともあり、小学1年生から少しずつ練習をして跳べるようになりました。

〈 頸椎の検査や歩行姿勢について整形外科などを受診したことがあれば教えてください 〉

幼児期に頸椎検査を受け、特に心配ないでしょうと言われましたが、その後は受診していません。

歩行については、午前中いっぱい散歩をしていた保育園の頃が一番歩いていました。小学校ではチャレンジタイムがあり毎日走り、中学では帰り道を35分から40分歩いていました。高等部では、バス停から家までを歩き、朝のトレーニングもしていました。卒業後は、土日の散歩だけです。

A :答え

歩行の時に足の運びが左右で違うことや体が左右に揺れていることなどから、足首を使ってバランスよく歩くことが難しいと考えられます。成長期である幼児期から学童期にかけて遊びなどを通して、生活動作に必要な体づくりが出来ると良いのですが、成人女性ということですのでお母さんと一緒に楽しみながら生活動作に必要な身体の維持・改善に繋げることを提案します。体を動かすことで体幹が少しずつ鍛えられ姿勢が改善できると考えられます。

スイミングやスポーツクラブに通われ、縄跳びが跳べること、からだの部位が言葉でわかるということで、お母さんと一緒に楽しみながら体を動かす3つの動きをご紹介します。

〈 始める前のポイント〉

⚪お母さん自身が行い、足首をどのように使っているか感じとってください。

⚪お母さんがモデルを見せてから始めてください。

  • 両足を同時に使い連続ジャンプで前に跳んでいきます                            

( コピー用紙を三角に折ったものを5個位作ります : 写真 )

床に等間隔で縦に並べて置き一定のリズムで連続ジャンプをします。

ジャンプは、両足を同時に踏み切りジャンプし、同時に着地します。

先ずは両足同時にジャンプできる個数から始めてください。

  • 両腕をあげながらつま先立ちで歌に合わせて歩きます。

両方の手のひらを頭上で合わせ、腕は耳につけるようにします。上半身はそのまま、つま先立ちで歩きます。楽しみながら出来るよう短い曲を歌い終わるまですると達成感を感じられると思います。

お母さんはお子さんの歩くテンポに合わせて歌っていただくと、歌に合わせて歩けるようになるでしょう。

  • ケンケンパを一定のリズムで楽しみます。

お母さんの声がけでケンケンパを楽しみます。

声がけはお子さんの動きの速さに合わせて言うことで聞きとりやすくします。動きと声がけが合うことで、やがて聞きながらケンケンパができるようになります。

次にお子さんの動きの様子を見ながら、声がけを一定のリズムに近づけて行きます。

E:効果

連続ジャンプ、つま先歩き、ケンケンパを全て週3日位のペースで試してみました。「やろう~」と誘うと嫌がることなく出来ました。つま先歩きは、私がチューリップの歌などを歌いながらやってみました。娘も一緒に歌うこともありました。娘は足首にしっかり力を入れ、背筋も伸び、腹筋や背筋を使っている様でした。こうやって体が覚えていくと感じました。

今回の取り組みで一番成果があったのは、片足立ちができる様になった事です。

高等部の時に通っていたスポーツクラブのウォーミングアップで片足立ちがあり、2~3秒しかできずフラフラしていましたが、この遊びをするようになってから1週間位で10秒間できるようになっていました。娘もとても喜び「ママ数えて!」と何度もチャレンジしていました。3つの遊びをしたことで、足首の使い方や体幹でのバランスの取り方が身につき本人にもわかる成果となりとても嬉しく思っています。

散歩の時のずった歩き方は、以前と比べるとだいぶ気にならなくなっています。歩行姿勢も歩き始めの足の運びや猫背の改善が見られています。そして以前は、家の階段を降りる時、どんどんと大きな音が出てしまっていたのですが、これも、少しずつ改善されているように感じています。私自身が足首の使い方や体幹を意識して今回の取り組みを楽しく行う事により、色々な動作ができる様になってきたと感じています。

ありがとうございました。

★この事例のねらい★

お母さんが娘さんと一緒に体を動かすことの楽しさを感じることで、娘さんは楽しんでいるお母さんを感じることができ、成人期に必要な互いに尊重し会う親子関係のきっかけとします。(親子関係の気付きとします)

生活動作に必要な体の維持に繋がります。